お月様からのメッセージ『月光』

お月様からのメッセージ『月光』

「げっこう」
なんとも美しい響きではないですか。
「月光」といえばまず、ベートーヴェンのピアノソナタ第14番を思い出します。
作曲者であるベートーヴェンは「月光ソナタ」と呼ばれることを快く思っていなかったようですが。
言い方は違えど、ドビュッシーの「月の光」も同じですね。

調べてみると、楽曲、漫画、映画、列車、航空機といった様々なジャンルでこの言葉は使用されているようです。

英語にすると“moonlight”
そんな名前のお菓子もありますね。
光り輝く満月を模したサクサクのお菓子、あのシリーズでは一番好きで子供の頃よく食べました。

そんな月光ですが、皆様ご存知の通り「お月様」が自ら発光しているわけではなく、お月様に太陽の光が反射してあのように輝いて見えていますね。
妖艶な光り方をしているお月様に、ロマンを感じたり想いを馳せたり。
月が地球の周りをぐるぐる回っているからこそ、潮の満ち引きも起こるわけで、宇宙の神秘と奇跡を感じずにはいられませんよね。

毎日生きられることが、また当たり前のように明日が来ることが、長い宇宙の歴史から見ると奇跡の連続です。
宇宙についてのお話は興味が尽きることがありません。
宇宙論のようなものも書いていけたらいいな、と考えています。


当サイトに関するご意見・ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。